なぜGKスクールを開校したのか

 

 

①三重県サッカーの発展に少しでも力になりたい!!(全国で活躍できるキーパーを育てたい)

 

②育成年代からキーパーの指導をしてあげたい!!(現在でも、まだまだキーパーコーチが少ないという問題はあります。私はありがたいことに、小学生の時は父がキーパーをやっていたこともあり父から指導を受けていました。中学生の時も、キーパーコーチがいました。)

 

③キーパーの楽しさを伝えたい!!

 

④悩んでいる選手、もがいている選手たちに、何かきっかけを与えてあげたい!!

 

※文も下手で少し長くなります。心優しい方は「想い」を綴りましたので一読して頂けると幸いです。

 

私は、高校から県外へ出ました。

 

 

県外へ出た理由は「レベルの高い場所でサッカーがしたい」と思っていたのと、中学生時代のチームの先輩が何名か県外の強豪校やユースチームに行っており、憧れもあったのかもしれません。そのような事もあり、中学1年生の時から、「高校は県外のユースチームに行きたい」と思っていました。

 

 

なぜ、県外に行きたいと思ったのか、三重県内ではダメだったのか、上記でも述べているようにレベルの高い場所でサッカーをしたいと思ったからです。三重のサッカーのレベルが低い訳ではないです。ですが、関東、関西、九州、東海ではサッカー王国静岡、グランパス率いる愛知などと比べるとレベルは落ちると思います。その原因は、Jリーグクラブが無いからなど、色々な要因はあります。ですので、県外に行き、よりレベルの高い場所に身を置きたいと思っていました。

 

 

強豪校ではなく、何故ユースチームなのか、理由は環境面はもちろんですが、1番はキーパーコーチがいてより専門的に学べると思ったからです。当時、キーパーコーチは今よりも少なかったこともあり、高校ではキーパーコーチがいない高校が多々あり、色々な事を踏まえてユースが良いと思っていました。

 

 

そして、ありがたいことにユースチームに行くことができました。ユースでの3年間ではキーパーコーチがいたこともあり、大きく成長できた3年間になりました。

 

 

その後は、筑波大学に進学→FC今治→FCティアモ枚方→鈴鹿ポイントゲッターズ(現)と歩んできて、高校から地元を離れ10年ぶりに戻ってきました。その間、色々な人やキーパーコーチに出会い、体験、話しを聞いたりして思ったことがもっと三重県のサッカーが盛り上がれば良いなと思いました。関東、関西、九州、愛知、静岡などには、Jクラブ、強豪校がありレベルの高い選手がたくさんいました。三重県にも、四日市中央工業、海星、津工業など有名な高校がありますが、もっと底上げが必要だと感じています。   

 

 

また、たくさんのキーパーコーチと出会う中で、自分自身が伸び悩み、もがいているときに色々なアドバイスをもらい自分の成長を助けてもらいました。次は、私がそんなもがき苦しんでいる選手を助けてあげたい。それが、三重サッカーの底上げに微力ながらもなると信じています。